ハワイで起業・開業をすることの難しさ

・実はハワイで全く何もない状態からから起業・開業することは非常にり困難なのです。例えばワイキキなりでお店を出したいと考えたとして、内装工事の許可がおりるまで1年程度かかることもあります。その間の家賃は当然支払わないといけません。内装許可がおりても実際の内装工事は日本よりも時間がかかります。このようなことがやり始めて初めてわかり、結局お店の開業を断念することもあるのです。

また許認可が必要なビジネスの場合、その新規の許認可・ライセンスの取得は容易ではありません。ハワイで各種事業の許認可・ライセンスを取得することはとても複雑な手続きが必要で、複数の役所に申請をしないといけないこともあります。

つまり、新規で起業・開業して黒字化することは奇跡に近いことなのです。しかし諦める必要はありません。ハワイで既に運営されている事業を見つけてM&A、つまり買収することで解決することが出来ます。

ハワイビジネスのM&Aは日本以上に意義があります。M&Aにより今いるスタッフをそのまま雇用すれば、顧客も含めてそのまま引き継げます。ハワイではスタッフを集めることも容易ではないのです。ハワイビジネスのM&Aによりスタートアップする手法は、新規に起業・開業するよりもはるかに容易に事業を始めることが出来るのです。つまりM&Aの手法こそが、ハワイに進出することが可能な方法と言えます。

売り手と買い手のメリット

買収する側のメリット

・新規に許認可を取得する時間やコストを削減することが出来る。

内装工事が不要なので、長期の工事許可を待つ必要がない。

什器・設備・備品などをそのまま取得することが出来る。

・ハワイでは新規にスタッフを採用することは困難なので、新規にスタッフを雇用する労力・コストを削減出来る。

・ハワイでは従業員の社会保険関係の仕組み作りが大変なので、そのまま従業員を引き継ぐことにより社会保険関係の仕組みも引き継ぐことが出来る。

顧客をそのまま引き継ぐことが出来るので、宣伝広告費用を削減することが出来る。

・買収するビジネスが持っている技術・ノウハウ・営業力を取り込むことが出来る。

・日本で事業を行っている場合なら、ハワイの事業を買収することで、日本とハワイのコラボレーションによる相乗効果が期待出来る。

・よって、ハワイのビジネスを買収するならば、一から新規事業をスタートさせるよりも、はるかに少ないリスクでハワイ進出することが出来る。

譲渡する側のメリット

<原状回復費用の削減>  通常であれば、店舗や会社を閉店・廃業する際には、内装や設備などをスケルトンにして現状に回復する義務があります。そのためには大きな費用がかかりますが、これを削減することが出来ます。閉店・廃業する方にとっては無駄な費用をなくすことが出来ます。

<売却利益> M&Aを利用されることでこのスケルトンにするための撤収・撤退費用を抑えることが出来ますし、売却して利益を得ることが出来ます。仮に無償で売却したとしても高額な撤収・撤退費用をなくすことが出来ます。

<スタッフの継続雇用> 通常は店舗や会社を閉鎖すればスタッフは職を失くしてしまいます。しかし、スタッフも事業譲渡・会社買収の対象とするならば、そのままスタッフの職を確保することが出来ます。経営者としての従業員に対する雇用責任を果たすことが出来るのです。